特集 動画配信

金色のバラの知財をめぐって

ストーリー 企業に勤務する技術者花田は、新しい種苗の開発に取り組んでいる。種々画期的な種苗を開発するが、会社は彼の成果を取り上げてくれない。そこで花田は起業を企て、金銭的苦労を経て金色のバラの開発に着手する。 花田は慣れない資金の獲得などを経て、金色のバラの開発に成功、喜びもつかの間、偽者が発見される。それも相当の大企業であり、花田は経費のかかる紛争の処理に悩むが、弁護士の推薦で仲裁センターの相談を受ける。金融機関からの融資に必要な知財の評価を経て、資金面でも余裕ができ、センター判定などを経て、侵害の回避に成功する。 これらのストーリーはあくまで架空のものであるが、その中で、知財の水際差し止めも含めて、知財の保護が分りやすく説明されている。

PAGE TOPへ