文字サイズ

お電話での
お問い合わせ

03-3500-3793

センター必須判定

IPTV 及びCATV のUHDTV(4K/8K)放送に関する必須特許募集について

16-1.1. 2017年(平成29年)4月3日,プールライセンス受託事業を行うアルダージ株式会社からニュースリリースが公表されました。

ニュースリリース
IPTV及びCATVの4K/8K放送に関する必須特許募集

16-1.2.CATVのUHDTV(4K/8K)放送に関する必須特許募集の対象規格の追加について

掲題のCATV(UHDTV)放送に関する必須特許募集の対象規格の追加についてのニュースリリースが、2017年(平成29年)6月10日、公表されました。

ニュースリリース
CATVの4K/8K放送に関する必須特許募集の対象規格追加

2. 日本知的財産仲裁センターは,このUHDTV(4K/8K)放送に用いるIPTV及びCATV対象規格に必須であると思われる特許について,日本知的財産仲裁センターが定める「必須判定手続規則」に則って,必須特許であるか否かにつき判定(必須特許評価)を行います。

3. UHDTV(4K/8K)放送に用いるIPTV及びCATV対象規格の必須特許募集の対象となる技術標準規格は,下記に指定した規格に限られます。

CATV(UHDTV)対象規格

番号 規格名称 備考
JCTEA STD-002 デジタル有線テレビジョン放送
多重化装置
第一編第三部、第五部 を対象とする
2017年6月10日に本表に追加
JCTEA STD-003 デジタル有線テレビジョン放送
番組配列情報の構成及び識別子の運用基準
第4部 を対象とする
2017年6月10日に本表に追加
JCTEA STD-007 デジタル有線テレビジョン放送
受信装置
第二部 を対象とする
2017年6月10日に本表に追加
Jlabs SPEC-017 デジタル放送 高度リマックス運用仕様(自主放送)  
Jlabs SPEC-018 デジタル放送 高度リマックス運用仕様(i-HITS)  
Jlabs SPEC-019 デジタル放送 高度JC-HITS
トランスモジュレーション運用仕様
 
Jlabs SPEC-028 IP放送運用仕様(自主放送)  
Jlabs SPEC-030 IP-VODサービス運用仕様  

2017年6月10日改定

IPTV(UHDTV)対象規格

番号 規格名称
IPTVFJ STD-0001 概説
IPTVFJ STD-0002 VOD 仕様
IPTVFJ STD-0003 ダウンロード仕様
IPTVFJ STD-0004 IP放送仕様
IPTVFJ STD-0005 地上デジタルテレビジョン放送
IP 再送信運用規定
IPTVFJ STD-0006 CDNスコープ
サービスアプローチ仕様
IPTVFJ STD-0007 インターネットスコープ
サービスアプローチ仕様
IPTVFJ STD-0008 放送連携サービスアプローチ仕様
IPTVFJ STD-0009 BSデジタル放送
IP再送信運用規定
IPTVFJ STD-0010 放送通信連携システム仕様
IPTVFJ STD-0011 HTML5 ブラウザ仕様
IPTVFJ STD-0012 事業者間連携メタデータ運用規定
IPTVFJ STD-0013 ハイブリッドキャスト運用規定
IPTVFJ DOC-0002 Hybridcast技術仕様サービスガイドライン

2017年4月3日

IPTVFJ規格は次のウエブサイトから入手可能 : http://www.iptvforum.jp/download/

IPTVFJ規格はデジタルテレビ情報化研究会の仕様書を参照している箇所があるが、
同仕様書は次のウエブサイトから入手可能 : http://nw-dtv.jp/documents/index.html

4. 必須判定申立ての手続,費用,提出先,提出方法等については,「超高精細度テレビジョン衛星放送(UHDTV)対象規格に関する必須特許申立ての手続について」の項を参照してください。

(注)
必須判定申立書(書式)については,書式表紙上部に記載されている必須判定申立ての対象となる「対象規格名」の中から,当該申立ての対象となる「対象規格名」を選択してください(不要の対象規格名を削除する)。
・「宣誓及び同意書」については「項目15」の書式を使用してください。

取扱業務
トップに戻る