業務概要

相談

相談の概要

新しく『相談記録』の提供サービスを開始しました!

当センターは、弁護士もしくは弁理士1名、又は弁護士及び弁理士各1名による知的財産紛争に関連する相談を受け付けております。相談は、当センターの会議室等、当センターが指定する場所で、調停人・仲裁人・判定人候補者、同補助者候補者を含む弁護士又は/及び弁理士によって行います。

相談料は、1名の相談担当者による場合は、1時間を超えない場合は10,000円(+税)、1時間を超えたときの超過料金は、30分ごとに5,000円(+税)です。弁護士及び弁理士の計2名の相談担当者による場合は、上記相談料の80%増しとなります。相談時間の不足、関係資料の不足その他の理由により当該相談日に相談が終了せず、相談申込者から継続相談を受けたい旨の希望があれば、相談担当者による継続相談が可能です。

さらに、相談申込者の請求があれば、相談と回答の内容を簡潔にまとめた『相談記録』を作成してお渡し致します。

会社が知的財産に関する経営判断をする際には、なかなか良い判断材料がなくて困るものです。
例えば、慣れない知的財産紛争における素朴な疑問など、鑑定書をもらうほどのことでもないけれど、イメージだけでも掴んでおきたいという場合もあるでしょう。
そんなとき、この『相談記録』を入手し、これをベースに社内説明資料を作成して、会社のトップが経営判断をする際の下準備をしてみてはいかがでしょうか。

相談記録の記載例

※記載例には、簡易判定書のような技術的内容を記載してありますが、これは一つの想定例に過ぎません。相談申込者に知的財産紛争の経験がなく、紛争が訴訟に発展した場合の見通しが利かずに不安をかかえているような場合には、訴訟への対応の仕方などを記載してお渡しすることも可能です。

相談記録の作成には、口頭相談1時間あたり10,000円(+税)(相談担当者2名の場合は18,000円(+税))の相談料に加え、相談記録1通につき50,000円(+税)の作成料がかかりますので、ご了承ください。
なお、2名の相談担当者による相談の場合は、相談担当者ごと各別に計2通の相談記録を作成することも可能です。一般に、専門家でも見解が分かれるような難しい案件では、リスク低減のため複数の専門家に相談することがよく行われていますが、当センターではこれを1回の手続で済ませることができます。

相談料

※料金は全て税抜価格となっています。

相談担当者数 相談料(1時間) 超過料金 相談記録作成料
1名の場合 10,000円(+税) 30分ごとに5,000円(+税) 1通につき50,000円(+税)
2名の場合 18,000円(+税) 30分ごとに9,000円(+税)

また、相談にかかる案件につき、相談者が相談担当者への委任を希望する場合は、相談担当者が当該案件を受任することも原則として可能ですし、他の弁護士又は/及び弁理士への委任を希望する場合は、当センターの運営委員会が弁護士又は/及び弁理士を紹介することも可能です。但し、相談及びその後の受任につき生ずる紛争については、すべて相談担当者に責任があり、当センターは一切責任を負いませんので、ご注意下さい。

相談の申込方法

相談は予約制で、事務局での受付日の翌々営業日以降で日程調整のうえ行います。相談日時は、原則として、月曜日から金曜日の午前10時から正午まで、午後1時から午後4時までの間です。(ただし、祝祭日にあたる場合は除く。)

相談をご希望の方は、申込用紙にご記入の上、日本知的財産仲裁センター事務局宛にFAXまたはE-maillにてご連絡ください。

⇒申込用紙はこちらです

日本知的財産仲裁センター事務局

TEL:03-3500-3793
FAX:03-3500-3839
E-mail:
(※スパム対策として、画像にしています。宛先に入力して送信してください。)

相談業務実施要領

相談業務の詳細は、相談業務実施要領をご参照ください。

その他ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

PAGE TOPへ

PAGE TOPへ